スクロール
Bioscience business
人のしあわせを創る事につながる
人のしあわせを創る事につながる

Bioscience business

バイオサイエンス事業

 私たちの体は、数多くのタンパク質が絶妙なバランスを保ちながら機能することで維持されているということをご存じでしょうか。このバランスが崩れたときに様々な障害が起きてしまいます。がんやリウマチといった厄介な疾病は、特定のタンパク質が正常に働かない場合、あるいはその働きに異常をきたした際に引き起こされているのです。
 この重要な働きをしているタンパク質分子の立体構造を、原子レベルで詳細に解明することで、厄介な疾病に対抗しうる新薬を設計製造することが可能になります。私たちは最新のテクノロジーとこれまでに培ってきた独自のノウハウを駆使して、複雑な分子構造を解明し分子間の相互作用を明らかにすることで「夢の新薬」の開発をサポートいたします。
 また新薬開発のみならず、酵素やトランスポーターといったタンパク質の構造を明らかにし、タンパク質分子の機能がどのように発揮されているかといった情報をもとに、これまでにない画期的な触媒開発のお手伝いもさせていただきます。

”PC用の画像”

お客様それぞれの課題に合わせたサービスを、
経験豊富なスタッフがスピーディにご対応いたします。

タンパク質の精製

タンパク質の精製

結晶化のためのタンパク質サンプルは非常に高度な精製が求められます。粗抽出溶液から高分解能X線構造解析をお約束するハイレベルな精製を、当社が保有するクロマトグラフィーの独自の経験とノウハウを駆使してご提供いたします。

タンパク質サンプル性状確認

タンパク質サンプル
性状確認

お預かりしたサンプルの各種分析を実施し結晶化が可能なサンプルか判定します。問題点が明らかになれば対応案をご提案します。結晶化に入る前の重要なステップです。

結晶化条件の探索

結晶化条件の探索

スクリーニングキットを用いない、独自の方法で結晶化条件の探索を実施します。少量のサンプルでも結晶化条件の探索が可能です。

回折データの取得

回折データの取得

国内国外の放射光施設を利用した回折データ取得サービスをご提供いたします。

構造解析

構造解析

回折データを用いて結晶構造解析と構造精密化を実施します。

各種生化学データの取得

各種生化学データの取得

高純度化したタンパクサンプルを用いて各種活性測定、糖鎖除去、抗体のFab化、タンパク-タンパク複合体の調製等様々なソリューションをご提案実施いたします。

製品紹介

サンプルの種類や濃度、価格など、
ご希望の条件に合わせた対応が可能です。

高純度化タンパク質

高純度化タンパク質

独自のクロマトグラフィーのノウハウを駆使し高純度化したタンパク質サンプルをご用意しています。そのまま結晶化実験を行うことが可能です。また、様々な生化学実験の標準サンプルとして、あるいは物性測定の標準サンプルとして、あなたの研究を強力にサポートいたします。

各種糖分解酵素
転移酵素 等

詳細はお問い合わせください。

強み
business01
01

実績

What Does MARUWA Offer

大手製薬企業のみならず大学や公的研究機関からのご依頼を20年以上にわたり数多く承ってまいりました。膜タンパク質やタンパク質と薬剤候補分子との複合体、さらにはタンパク質分子複合体といった難易度の高い案件も多数解決してまいりました。高度な専門知識を有し経験豊富なスタッフが、困難なニーズにお応えいたします。

business02イメージ
business01イメージ
business01
02

コンサルティング
パートナーとして

As your Consulting Partner

私たちの仕事はいわば成功請負人になることです。難易度の高い相談が多数を占めますが、私たちはお客様があきらめない限り、結果への探求をやめる事はありません。いずれ必ず成功するという信念があるからです。障害にぶつかったとき、何が障害となっているのかを明らかにし、対策を考案し実施しその結果を次のステップへつなぐ作業を繰り返します。その間、常にお客様とのコミュニケーションを絶やさず、今我々はどこにいるのかをお示しいたします。私たちは成功への案内人でありパートナーであり続けます。お客様の笑顔が我々のゴールです。

business01
03

独自のノウハウ

Unique Technologies

これまでの20年以上にわたる受託実績から、スクリーニングキットを使用しない結晶化条件探索を実施します。貴重なサンプルと時間を無駄にすることなく最適な結晶化条件の探索を実施します。
高品質結晶の作製は高精度の構造解析結果に直結しますが、高品質結晶は高品質サンプルがあって初めて作製することが可能です。単純なカラムクロマトグラフィーの実施ではなく、それぞれのタンパク質サンプルに最適な条件で高度精製を可能にする技術を駆使して、高純度サンプルの調製を実施いたします。

business03イメージ
共同研究

大学などの教育機関や公的研究機関とも数多くの共同研究を積極的に行っています。タンパク質の精製や結晶化、
あるいはその周辺分野での共同研究をご希望される方は、お気軽にご相談お問い合わせくださいませ。

第一薬科大学薬学部
薬学科薬品作用学分野 
有竹浩介教授

https://www.daiichi-cps.ac.jp/education/lab/444/

京都大学複合

原子力科学研究所 
森本幸生教授

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/
morimotoLab/index.html

大阪公立大学
理学系研究科 
藤井郁雄教授

http://www.b.s.osakafu-u.ac.jp/~fujii/
PC用の画像 スマホ用の画像

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が主催する「高品質タンパク質結晶生成プロジェクト」の業務を、スペースBD株式会社様と共に受託し、国際宇宙ステーションの日本の実験モジュール「きぼう」でのタンパク質結晶化実験に参加しています。

LINKマーク

高品質タンパク質結晶生成プロジェクト
https://humans-in-space.jaxa.jp/protein

LINKマーク

スペースBD株式会社
https://space-bd.com/

LINKマーク

バイオインタラクション研究会
https://www2.kpu.ac.jp/life_environ/
biophys_chem/index_BIRA.html

LINKマーク

日本学術振興会産学協力委員会 
R022量子構造生物学委員会
https://www.jsps.go.jp/j-soc/
list/r022.html
https://www.cqsb.org/

最近の研究業績:List of Publications

Takayuki Obita, Koji Inaka, Daisuke Kohda and Nobuo Maita., Crystal structure of the PX domain of Vps17p from Saccharomyces cerevisiae., Acta Cryst. (2022). F78, 210-216

Naoki Furubayashi, Koji Inaka, Masayuki Kamo, Yasufumi Umena, Takeshi Matsuoka, Yukio Morimoto., Dynamic interactions in the L-lactate oxidase active site facilitate substrate binding at pH4.5, Biochem. Biophys. Res. Commun. 568 (2021) 131-135.

Sachiko Takahashi, Misako Koga, Bin Yan, Naoki Furubayashi, Masayuki Kamo, Koji Inaka, Hiroaki Tanaka., JCB-SGT Crystallization Devices Applicable to PCG Experiments and their Crystallization Conditions., Int. J. Microgravity Sci. Appl., 36(1) (2019) 360107

Yasumitsu Sakamoto, Yoshiyuki Suzuki, Akihiro Nakamura, Yurie Watanabe, Mizuki Sekiya, Saori Roppongi, Chisato Kushibiki, Ippei Iizuka, Osamu Tani, Hitoshi Sakashita, Koji Inaka, Hiroaki Tanaka, Mitsugu Yamada, Kazunori Ohta, Nobuyuki Honma, Yosuke Shida, Wataru Ogasawara, Mayumi Nakanishi-Matsui, Takamasa Nonaka, Hiroaki Gouda & Nobutada Tanaka., Fragment-based discovery of the first nonpeptidyl inhibitor of an S46 family peptidase., Scientific Reports 9 (2019), 13587-

Hinako Hataea, Koji Inaka, Ryo Okamura, Naoki Furubayashi, Masayuki Kamo, Takuya Kobayashi, Yoshito Abe, So Iwata, Naotaka Hamasaki., Crystallization of Human Erythrocyte Band 3, the anion exchanger, at the International Space Station “KIBO”, Analytical Biochemistry 559 (2018) 91-93

Daisuke Takayaa, Koji Inaka, Akifumi Omura, Kenji Takenuki, Masashi Kawanishi, Yukako Yabuki, Yukari Nakagawa, Keiko Tsuganezawa, Naoko Ogawa, Chiduru Watanabe, Teruki Honma, Kosuke Aritaked, Yoshihiro Urade, Mikako Shirouzu, Akiko Tanaka. , Characterization of crystal water molecules in a high-affinity inhibitor and hematopoietic prostaglandin D synthase complex by interaction energy studies., Bioorganic & Medicinal Chemistry 26 (2018) 4726–4734

メール

お問い合わせフォーム

CONTACT
電話

お電話でのお問い合わせ

0743-56-2700

営業時間:9時 ー 17時(平日のみ)
(土日祝日及び年末年始・お盆休みを除く)

ページ上へ